良い業者に依頼しよう

喪服の女性

「料金が安い」ということだけを見て業者を選ぶよりも、遺品整理業者の「人となり」を見て選ぶという方が、賢い選び方と言えます。遺品整理というのは、それだけ大切なことなのです。

Read More

遺品のお片づけ

おばあちゃん

持ち主が永遠にいなくなってしまった、そういう物を遺品と呼び、遺された人の手によってそれらはお片付けしなければいけません。その仕事を専門にしているのが、遺品整理の業者なのです。

Read More

費用を抑える

結婚式

お葬式などの準備などがあるため、亡くなってからは一段落する時間があまりありません。しかし、遺品整理は業者に任せておくだけなので、少し休む時間が出来るといったところがメリットになります。

Read More

オススメリンク

  • 遺品整理プログレス兵庫

    故人が大切にしていたものを真心込めて処分してくれます。遺品整理なら神戸にあるこちらに依頼するのがおすすめです。
  • 遺品整理プログレス千葉

    遺品整理を千葉で行ないたいと考えている方は、こちらに依頼するのがおすすめです。激安価格で作業を行なってくれますよ。
  • アイ遺品整理

    地域密着の専門業者だから、依頼したらすぐに対応してくれます。遺品整理を群馬で行ないましょう。即日対応してくれます。

葬式も事前準備

数珠

人間は誰しも平等に終わりを迎えます。その最期のときのために、自らが準備をおこなうことを終活と言います。この言葉が生まれてまだ日は浅いですが、ずいぶんと多くの人に浸透し、実際取り組みをおこなっている人も増えてきました。では、終活にはどんなものがあるのでしょうか。 昔からおこなわれてきた終活の一つに、墓地・墓石の準備というものがあります。先祖代々のお墓に入る人は墓石を新調したり磨いたりなど、入る予定がない人はお寺での供養を依頼するなどがあります。墓地・墓石は相続税の対象にはなりませんので、生前にお金をかける人も多いようです。それに関連して、葬儀屋をあらかじめ決めたり、お坊さんに話を通しておく人もいます。

これらにくわえて、残された家族のため、また迷惑をかけないためにおこなう終活があります。たとえば遺品整理です。大切な物や思い出の物、預貯金や相続など、お金にまつわるものなどを前もって整理整頓しておき、その所在やらを紙にまとめたりします。これによって残された家族は混乱しなくてすみますし、不用な諍いを防ぐことができます。 最近では思い出のノート作りをおこなっている人もいるようです。自分が生きた証や家族への感謝の言葉などを綴ります。それに付随して、亡くなられたあとに届く友人への手紙などもあります。 たとえいまが健康であっても、不慮の事故や病気などで、突然体がいうことをきかなくなることもありますので、終活は元気なうちにやっておくと良いでしょう。